会社設立は、まずスケジュールを立てることが大切!

 
会社設立したいと強く願う人は多いですが、起業に向いている人とそうでない人がいるようです。
会社設立をして新たな事業をスタートさせたいという人は、早く起業したいという人が多いためスケジュールに沿って設立を行っていきます。
このため、手際よく手続きを済ませたり、定款の作成における事業目的などを素早く判断をすることが出来ると言われいてます。

 
・会社設立に向いていない人もスケジュールを立てておこう!
会社設立に向いていない人の場合は、手続きをするのに時間がかかってしまったり、定款の作成における事業目的や決算日を決めるときも時間がかかってしまうと考えられます。
これでは会社設立に向けての準備で、かなりの時間を要してしまうことになります。
こういった人は会社を設立しないほうがいいと考える人もいますが、設立準備としてのスケジュールを立てていつまでに定款の作成を行うのか、認証はいつまでに行うのかなどを明確にして、そのスケージュール通りに手続きを完了させることを目標に頑張りましょう。

 
・会社設立におけるスケジュールの立て方!
会社設立におけるスケジュールを立てるときは、いつ何を行わなければならないかを明確に記載しておきましょう。
<例>
5月1日 発起人と会社の基本事項について検討
5月4日 本店所在地予定の住所に登記がないかを確認
5月5日 発起人や取締役が個人の印鑑証明書を取得
5月7日 定款の作成
5月10日 定款の認定
5月11日 出資金の振り込み
5月12日 登記の申請  など

このように記しておくことにより、早く手続きを済ませないといけないと思うようになり、スケジュール通りに手続きが完了していけば最短で会社を設立できますよ。
また、スケジュールを立てるときは作業をする人や、届出を出す場所なども一緒に記載しておくと便利ですよ。

 
このように会社設立をしたいという人の中には、起業が向いていない人もいます。
しかし、起業に向いていないというだけであり、会社設立をしてはいけないということではありません。
会社設立にかかる時間は長いほうがいいというわけでもなく、スケジュールに沿って手続きを行い、あらかじめ設定しておいた会社設立日に会社設立が出来るかが今後を左右します。
設立日に予定通り会社設立をしたいという場合は、1つ1つ細かくスケジュールを立てて、スケジュール通りに手続きを完了させられるように頑張りましょう。
尚、登記の申請や口座開設には時間がかかるので、こういった面も含めてスケジュールを考えるようにしましょう。

会社設立にかかる費用・コスト

 

会社設立を行う予定の方は、やはり費用やコストに関して気になるはずです。
結論を言うと、正直会社設立だけであれば、費用やコストもそこまでかかりません。
各種手続きや各種申請で数万円~数十万円ほどかかるのですが、その他に要求されることは、実はそこまでないのです。
もちろん、資本金などが必要となるため、それらは平均して300万円~3,000万円ほど用意するというところが多いです。
ただ、多くの場合は300万円~1,000万円ほどで抑えることが多く、それ以上の費用やコストはかからないようにしていることが多いと言えるでしょう。
会社設立をする方の多くは、やはり極力まで費用・コストを削減したいものです。
どこに費用やコストがかかるのかをしっかり理解した上で、まずは会社設立に挑戦してみてはいかがでしょうか。

続きを読む 会社設立にかかる費用・コスト

会社設立のお祝いに最適なお菓子

 

会社設立の際には、お祝いとして何かを贈るのが定番となっています。
メールや電話だけでも良いですが、それだけだと味気ないですし、やはり大切に思われていないと思われてしまっても仕方ありません。
できればお菓子だけでも良いので、何か贈るのが重要なのではないでしょうか。

むしろ定番としては花束などがありますが、花束は邪魔になるだけで近年はあまり好まれない傾向になっています。
それならば、お菓子などを贈るのが良いのかなと思います。
普通にお菓子であれば社員はもちろん、スタッフや従業員と食べることができるし、持ち帰っても良いですからね。
そう考えると、会社設立のお祝いはお菓子が良いのではないでしょうか。
もちろん、お菓子とは言っても駄菓子のようなものではよくありません。
そこは常識的に考えればわかると思いますが、注意しておくようにしましょう。

例えば、お菓子の中でも人気なのが、地元を拠点にしている銘菓などです。
銘菓であればもらって嬉しくないわけはありませんし、少し高級感も出すことができ、陳腐感を与えることもありません。
ちなみに有名な銘菓の場合は結構値段や価格も高くなることが多く、お祝いにしては最適なものもあります。
会社設立はそうそう何度もあることではないので、少し高いくらいのお菓子がちょうど良いです。
ただ、お菓子は好き嫌いがあるので、無難なものをチョイスするのがおすすめです。

特に会社設立の時には、メンバーもそれぞれバラバラかもしれません。
また、1人社長というところもあるし、近年は個人事業主やフリーランスも増えています。
そういった会社の状況も考えて、お菓子などを持っていくと良いのではないでしょうか。

ちなみにお菓子に関しては郵送しても良いですが、自分の手で持っていくのが基本となります。
時間がかかりますが、直接お菓子を持っていき、そこでお祝いに関しても伝えると喜ばれます。
昔はそのようにやってきたということもあり、日本ではまだまだ直接会ってお祝いを伝えるという文化が残っています。そこは、しっかりと考えて贈ることが必要となるのではないでしょうか。

少なくともお菓子を持っていくと喜ばれることも多いので、銘菓と呼ばれるもの、特に地域色が強いものなどを持っていくことをおすすめします。
特に地元密着型の企業や会社を目指している場合は、喜ばれることも多くなります。
相手のことを考えて贈るのが、本当のお祝いです。