会社設立のお祝いに最適なお菓子

 

会社設立の際には、お祝いとして何かを贈るのが定番となっています。
メールや電話だけでも良いですが、それだけだと味気ないですし、やはり大切に思われていないと思われてしまっても仕方ありません。
できればお菓子だけでも良いので、何か贈るのが重要なのではないでしょうか。

むしろ定番としては花束などがありますが、花束は邪魔になるだけで近年はあまり好まれない傾向になっています。
それならば、お菓子などを贈るのが良いのかなと思います。
普通にお菓子であれば社員はもちろん、スタッフや従業員と食べることができるし、持ち帰っても良いですからね。
そう考えると、会社設立のお祝いはお菓子が良いのではないでしょうか。
もちろん、お菓子とは言っても駄菓子のようなものではよくありません。
そこは常識的に考えればわかると思いますが、注意しておくようにしましょう。

例えば、お菓子の中でも人気なのが、地元を拠点にしている銘菓などです。
銘菓であればもらって嬉しくないわけはありませんし、少し高級感も出すことができ、陳腐感を与えることもありません。
ちなみに有名な銘菓の場合は結構値段や価格も高くなることが多く、お祝いにしては最適なものもあります。
会社設立はそうそう何度もあることではないので、少し高いくらいのお菓子がちょうど良いです。
ただ、お菓子は好き嫌いがあるので、無難なものをチョイスするのがおすすめです。

特に会社設立の時には、メンバーもそれぞれバラバラかもしれません。
また、1人社長というところもあるし、近年は個人事業主やフリーランスも増えています。
そういった会社の状況も考えて、お菓子などを持っていくと良いのではないでしょうか。

ちなみにお菓子に関しては郵送しても良いですが、自分の手で持っていくのが基本となります。
時間がかかりますが、直接お菓子を持っていき、そこでお祝いに関しても伝えると喜ばれます。
昔はそのようにやってきたということもあり、日本ではまだまだ直接会ってお祝いを伝えるという文化が残っています。そこは、しっかりと考えて贈ることが必要となるのではないでしょうか。

少なくともお菓子を持っていくと喜ばれることも多いので、銘菓と呼ばれるもの、特に地域色が強いものなどを持っていくことをおすすめします。
特に地元密着型の企業や会社を目指している場合は、喜ばれることも多くなります。
相手のことを考えて贈るのが、本当のお祝いです。