会社設立と定款

会社設立の手続きで必ず必要になるのが定款です。
これがどのようにできるかで、この手続きが簡単かどうかも分かれることが多いです。
定款とはその会社の規則や基本情報などをまとめたもの。
会社設立のときだけ必要になる書類ではなく、設立後も重要な書類となります。
定款は会社の憲法とも呼ばれており、その定款に書かれている通りに運営しないといけません。

この定款に書いていない運営方針は、設立後には実行できず、それを仮にやったとしても無効となりますから、設立時に作るこの定款は非常に大事です。
とはいえ、そのような設立後のことまで考えて定款を作るのは、難しいことも多いでしょう。
しかしこれは設立時の必要書類になっているため、これを作らないことには会社は作れません。
どのような会社を作り、それをどのように運営するのか、それをこの段階で具体的に決めていないと、会社は作れないことになります。

これは非常に難しいように思えるかもしれませんが、自分でも作れなくはない書類です。
もちろんまったくのゼロから作るのは非常に難しいですが、最近ではこの定款を簡単に作れる環境も整っています。
使えるサービスやサポートなど使いつつ対応すれば、定款を無事完成させられることも多いですね。

たとえば無料で使える定款のテンプレートなど、定番です。
インターネットからダウンロードでき、以降は自由に使えます。
細かい書式はもう完成していますから、あとは各項目を埋めていくことで定款が完成します。

これら項目の記載事項がわからないこともあるでしょう。
このときにおすすめなのは、定款作成をサポートするサービスです。
質問に答えていくことで、最終的には定款のどこに、どのようなことを書くべきか、わかるようになっています。
このようなサポートなど使いつつ作成すると、定款を完成できます。

また、定款は無理に自分で作る必要はありません。
プロに作ってもらうという方法もあります。
司法書士や行政書士など、会社設立のサポートをしている専門家では、定款の作成を代わりにやっているのです。
各項目に記載する内容についても、これら専門家と相談しながら決めていけますので、安心です。

このように会社設立時に必ず必要になる定款は、やや難解な重要書類となるのですが、簡単に作る方法もありますから、自分が使いやすそうな方法を選んで作ってください。
これが完成すると、あとは公証役場や法務局といった窓口での手続きになるため、会社の完成もグッと近づきます。