会社設立に際しての注意点

誰もが憧れる「起業家」という職業。
それは、憧れるだけではなく手を伸ばすとあなたの手に届くものなのかも知れません。
なぜなら、今の世の中は空前の起業ブームと言っても過言ではない状態であり、誰もが気軽に起業を志すことができるサポートや融資などが充実してきているからです。

その背景には、国が「創業支援」という形で起業をバックアップしてくれる体制が整えられていることがあります。
各自治体に「創業支援室」が置かれ、起業を志している人の多くが気軽に相談できるようになっています。
また、誰もがいつでも起業にチャレンジできるように、会社設立のための資本金などに関する法律が改正され、資本金が1円からでも会社設立ができるようになりました。
そうした影響もあり、会社設立を夢見る人が増えてきており、実際に日々新しい会社が起こされているのです。
しかし、会社設立を誰もが気軽に取り組めるようになったと言っても、ある程度注意しなくてはならないこともいくつかあります。
そこでここでは、会社設立に際して注意しなくてはならない注意点の中でも、特に注意すべき点についてお伝えしていきます。

まず、会社を設立しようと思ったら「会社名」を決めますよね。
会社名を決める時にも注意しなくてはならないことがあります。
会社を設立する時には、必ず「登記」をしなくてはなりませんが、登記には使用できない文字があります。
「商号」と呼ばれる会社名の文字には、日本語の文字とローマ字、その他の符号だけが使用できる文字であり、それ以外の文字は認められません。
このことを覚えておかないと、せっかく決めた会社名で会社設立がつまづいてしまうので注意しておきましょう。

また、会社を設立する時には必ず「定款」という書類を作成して、登記の際に添付して提出しなくてはなりません。
定款は、紙で作ることもできますが今は電子定款というものもあり、どちらでもよいですが必ず作らなくてはなりません。
この他にも、まだ注意しなくてはならないことがありますから、信頼できる相談機関へ行って相談してみると良いですよ。