会社設立を簡単にする方法とは?

不況を打破するひとつの考え方として、最近流行っている「起業」。
今、国が起業や創業支援を全面的に後押しする流れになっていることもあり、一個人で会社を設立しようとする人が急増してきています。
いわゆる「スモールビジネス」を起こそうとする時、あなたはどんな方法でチャレンジしようと思いますか?

本当に自分一人で何もかもを行うのは本当に大変です。
会社設立をできるだけ低コストで行いたいと思う人も少なくありません。
そのため、インターネット上には「無料で手続き書類を作成します!」なんて広告もたくさん見かけます。
しかし、そうした「無料」を謳う広告の中には詐欺まがいのものも少なくありませんから、気を付けておきたいものですよね。
そこでここでは、そのような詐欺まがいのものに引っかからないようにするためにも、会社設立が本当に簡単にできる方法をお伝えしていきます。

まず、会社設立を簡単にする大前提は「起業の手続きなどをサポートする会社」などにサポートを依頼することです。
やはり、会社設立には専門的な知識を必要とするものもありますから、自力で行うととても大変になります。
ですから、難しいことは専門的な知識を持っている起業サポート会社にお願いするようにしましょう。

そこを踏まえたうえで、更に費用面などを考えると、会社の形態を「合同会社」にすることで意外と簡単に会社設立ができます。
合同会社であれば、株式会社よりも費用が14万円程度節約できます。
また、会社を設立する時には必ず「定款」という会社の組織や運営に関する決まりごとを記した書類を準備する必要があります。
これも紙の定款であれば収入印紙代がかかりますが、電子定款であれば印紙代がかかりません。
このような費用面のことや手続き上の手間なども、会社設立をサポートしてくれる会社や団体に依頼することで本当に簡単に会社が設立できます。

公的なところであれば自治体の創業支援室や商工会の起業サポート団体などで相談できますし、インターネット上でも起業サポート会社の案内はたくさん出ています。
あなたもぜひ、そうしたものを上手に活用して自分の会社を作ってみませんか?