会社設立!定款認証手続きとは?

 

会社を設立する時に、まず最初に必ずやらなければならないことは、定款認証手続きです。
定款認証手続きとは、一体どのような手続きなのでしょう?
今回は、そのことについて詳しく解説したいと思います。

定款認証手続きとは会社のルールを定めた「定款」を、公的に登録する手続きになります。
法務局は所管する公証人役場というところで、その手続きを行うのですが、いくつか注意点があるので、ここからの説明を参考にしてください。

まず定款認証の手続きには、手数料がかかるということを、知っておく必要があります。
手数料は意外と高いので、手持ちの現金を十分に用意しておくようにしましょう。
定款認証手数料だけで、5万円必要となり、紙の書類で定款を作成する場合は、印紙代4万円が必要になります。

この印紙代というのは、印紙税と呼ばれるもので、支払った4万円は税金ということになります。
ちなみに電子定款という方法をとれば、この印紙代4万円が不要になりますので、できればそちらを選んだ方がいいでしょう。

電子定款のやり方は、インターネットで検索すれば簡単に作成できるサイトサービスが見つかりますので、そちらを利用して作成してみてください。
定款に盛り込べき内容も、業種に合わせて自動で作成してくれますので大変便利です。

この定款認証手数料を節約する場合は、株式会社よりも合同会社を選んだ方がいいです。
合同会社を設立する場合は、定款認証手数料5万円が不要となります。
また、電子定款にすれば、収入印紙代4万円も節約できるため、計9万円の出費を抑えることが出来ます。

登録免許税に関しても、株式会社なら15万円以上のお金を納めなければなりませんが、合同会社なら最低6万円で済みます。
資本金額によっては、それより高くなるかもしれませんが、初期費用を抑えて法人を設立する場合は、合同会社を選んだ方がいいでしょう 。

そもそも定款には、一体何を記述すれば良いのでしょうか?
1億円以下の資本金の会社であれば、あまり定款に関して深く考える必要はないのですが、少し内容について説明してみると、基本的な会社の情報を盛り込むことと、役員の数やルールを内容に記載します。

法務局によっては、定款の内容次第で承認されない場合がありますので、不安な場合は法務の専門家等に依頼をして、代わりに作ってもらった方がいいでしょう。
定款は、初めて登記をする人にとっては、少々面倒なイメージがありますが、雛形を利用すればそれほど難しいものではないので、事前に調べておくといいです。