本当に簡単?会社設立のための基礎知識

最近とても流行している「起業」。
あなたは、自ら会社を設立する「起業」について興味はありますか?
今の世の中は、まさに空前の起業ブームと言っても過言ではな状態で、この日本でも毎日多くの会社が設立されています。

その背景にあるのは、国が行っている「創業支援」。
長い不景気から個人個人の経済状況が厳しくなってきており、一企業に勤めているだけでは国民の生活は守れない状況になってきています。
そのため、国が起業を推進して一人一人が「自分の力で経済を安定させていくように」という時代の流れになってきているのです。
そうしたことから、各自治体には創業支援室や創業支援センターなどが置かれ、積極的に起業セミナーや勉強会が行われています。
このような社会的背景もあり、今「会社設立」や「起業」ということは昔に比べると本当に簡単に取り組めるようになったのです。
ですが、実際の手続きや資金繰りなどを考えると「本当に簡単なの?」と不安になる人も少なくありません。
そこでここでは、会社設立が本当に簡単にできるものなのか、その流れやメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

会社設立をするということは、ある程度の規模の「法人化」が原則必要になります。
株式会社だったり合同会社だったり、業務形態などを考えて適切な方を選択すればよいのですが、その選択にもメリットやデメリットがあります。
株式会社だと、出資者と経営者が別なので会社設立の資金がきちんとある人はこちらを選んだ方が税制上の優遇などもあります。
しかし、資本金があまりない人には株式会社よりも設立費用が安い合同会社の方がオススメです。

この「法人化」ですが、会社設立として考えるとメリットやデメリットがあります。
会社設立の際に法人化すると、資金の融資が受けやすくなったり、取引先からの信用が得やすいなど…社会的な信用度が高いのが一番のメリットです。
しかし、一度法人化してしまうと会社をたたまなくてはならなくなった時にも費用が発生するなどのデメリットがあります。
このような知識は基礎的なものですが、今まで会社設立にかかわったことがない人にとっては難しいものですよね。
今は、そんな人でも安心して会社設立ができるように手続きの代行をしてくれる会社や団体がたくさんあるのです。
こうしたシステムを上手に活用することで、会社設立は簡単に行うことができるようになっています。