会社設立のメリット

現在、会社設立をしようと動き出している若い起業家が増えているそうですが、会社設立するメリットはどんなところにあるのでしょうか?
会社設立とひと言で言っても会社形態は株式会社・合同会社・合資会社・合名会社と4種類ありますし、業務内容もそれぞれ異なりますが、ここでは会社設立することによって得られる基本的なメリットをいくつか紹介したいと思います。

まずはじめに会社設立でもっとも大きなメリットと言えば「信頼性の高さ」ではないでしょうか?
日本のビジネスシーンでは法人になることによって飛躍的に信頼性が高くなりますし、法人としか取引をしないという企業も少なくありません。

したがって事業を成長させるならまず会社設立が必要になりますし、個人事業のままでは将来的な事業拡大にも限界があると言っていいでしょう。
なぜ会社設立しただけでそんなに信頼性が高くなるの?と疑問に感じている人もいるかもしれませんが、たとえば株式会社を設立するためには会社設立手続きにかかるお金だけで200,000円〜240,000円かかりますし、そのほかにも資本金を準備しなければならなかったりとそれなりにお金を集めて準備をしなければなりません。

ということはそれだけの資金を集める力があるという証拠にもなりますし、法人という団体になったことで継続的な取引が期待できるのです。
もし自分が取引する立場に立った場合、継続的な取引が見込めるところのほうが取引しやすいでしょうし、そうなるとやはり法人は有利なのです。

次に資金調達の選択肢も広げられる可能性が高くなるところもメリットで、銀行からの融資は法人か個人かによって融資額が大きく変わりますし、助成金や補助金の申請もできます。
また株式会社の場合は株を発行することによってそれを買ってもらい、資金調達できますから個人事業のときよりずっといろいろな選択肢があります。

ほかにも節税面でのメリットもあって、たとえば法人化すると法人税がかかり、法人住民税は毎年70,000円必ず納めなければなりません。
個人事業の場合は所得に応じて所得税が決まるので必ずしも税金が高くなるわけではありませんが、所得が高くなればなるほど税金の負担は増えます。

法人なら常に一定なので、安定した利益を継続的に出せるようになったら法人化を検討するときだと思います。
さらに法人は有限責任が発生するので、万が一会社が倒産してしまった場合でも出資金の範囲内で負担を抑えることができます。