会社設立と印鑑

会社設立にあたって必要なものを揃えていかなければなりませんが、いろいろとある中、重要度の高いものの中に印鑑があげられます。
日本は契約の際に必ず印鑑を使いますので、印鑑の重要性が非常に高く、場面によって使い分けるようにしなければなりません。

そこでここでは会社設立の際に必要になる4種類の印鑑の特徴をお伝えしていきますので、これから会社設立するなら把握しておいてください。
まずひとつめは代表社印と呼ばれるもので、これは実印と呼ばれることもあります。

代表社印は会社でもっとも重要度の高い印鑑で、登記手続きの際にも必要になりますし大きな契約を結ぶときにも必要になります。
大きさは直径18mmの丸印が多く、登記上は1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形に収まるものという基準が設けられているので覚えておきましょう。

代表社印は非常に効力の高い印鑑なので厳重に保管する必要がありますし、全社員が保管場所を知っているというところはほとんどありません。
同じ様に重要度の高い印鑑として銀行印があげられ、これは銀行口座を開設する際に必要になるだけでなく手形や小切手を発行する際にも必要になります。

銀行印は直接会社のお金が関係するものですから、こちらも保管場所は役員のみが把握しているというところが多いです。
代表社印と銀行印は特別な印鑑ですから、絶対に紛失しないように注意しなければなりません。

そして日常の業務で使う印鑑もあり、これは社印とゴム印があげられます。
社印は代表社印を使うほどでもない簡単な契約を結ぶときにも使われますし、社内の書類に捺印するときにも使われます。

社印はひとつだけでなく複数作れていて各部署に置かれていることも多いですし、使用頻度の高さから全社員が保管場所を知っているところがほとんどではないでしょうか?
同じように日常的に使う印鑑がゴム印で、ゴム印には会社名や会社の所在地、電話番号などが記載されており、押したらすぐに会社情報が分かるようになっています。

ゴム印は必ず作らなければならない印鑑ではありませんが、あると便利なので作っておいたほうがいいでしょう。
最近では会社設立用の印鑑セットとして今紹介した4つの印鑑が一緒になっているものもありますので、特にデザインなどにこだわりがなかったり、コストを抑えたいならおすすめです。

印鑑セットはネッショップでも購入できますし、印鑑専門店でも扱っているので探してみるといいでしょう。