会社設立のメリット

近年、会社設立を検討している若い人が増えているそうですが、会社設立する前にそのメリットはどこにあるのか知っておく必要があります。
ただ漠然と会社設立したいというだけではなかなか成功できませんし、その仕組みなどを理解していないとあっという間に倒産してしまうでしょう。

そこでここでは会社設立することで生じるメリットを紹介しますので、これから事業を起こしたいと考えている人は頭に入れておいてください。
まずひとつめは「信頼性の高さ」で、これは個人事業主のころとは比べものにならないくらい高くなります。

なぜ会社設立しただけで信頼性が高まるのかは自身が取引する側に立ってみると分かりやすいと思いますが、仮に同じ条件で取引するとしたら法人と個人だったら法人のほうが長い付き合いができそうですし、取引額も大きくなるのでメリットも多いと感じるでしょう。
実際に法人は個人よりもその後の成長が見込めますから、スタートの取引額が少なかったとしても徐々に高くなっていく可能性がありますし、継続的な取引ができるので企業によっては法人としか取引しないというところも多いです。

信頼性というのはビジネスにおいて非常に重要な要素なので、信頼を失わないように責任ある行動を心がけましょう。
次に法人化することによって節税の範囲が広がりますから、ここも大きなメリットになります。

法人化すると法人地方税を納める義務があって、これは資本金が1,000万円未満の会社であれば70,000円、それ以上の会社であれば180,000円を毎年納めなければなりません。
これは赤字経営であっても必ず発生するので一見デメリットにも思えますが、常に一定なので黒字になったときにはメリットになります。

個人事業主の場合は所得税になるので、所得が大きくなるにつれて税率も高くなりますから、基準としては年間所得が400万円を超えるようになったら会社設立を検討したほうがいいでしょう。
さらに経費の幅も広がり、個人事業主のときには認められなかったものも経費として認められるようになります。

代表的なもので言えば自宅を事務所と兼ねる場合の費用、自動車、生命保険料、退職金などが経費の対象になります。
このように会社設立することで、個人事業主のときにはなかったメリットがたくさん出てきますから、そのメリットを最大限活かせるポジションにいるかタイミングを見極めて会社設立するといいでしょう。