会社設立の代行


簡単に会社設立する方法として、代行サービスの利用があります。
これを使うとかなり簡単に起業できますから、手続きに自信がない方や、時間がない方など、使ってみるといいでしょう。

この代行とは何かというと、会社設立の手続きを代わりにやってくれる正規サービスです。
行っているのは税理士、司法書士、行政書士など、一部の専門家になります。
また、これをビジネスにしている専門業者になることもあります。
これらの方が提供している代行サービスを使うと、会社設立の手続きの流れを詳細に知らなくても、簡単に起業できるのです。

このサービスへ依頼すると、まずは作りたい会社の条件について打ち合わせを行います。
あくまでその会社を作るのは依頼人ですから、どんな会社を作りたいのか、その希望をここで伝えるのです。
ここが曖昧な場合でも心配はいりません。
ここで決めるべき希望や条件は、代行サービスの方でサポートしてくれます。
最初に決めるべき項目が曖昧なときなど、サービスとよく相談しながら決めていくといいでしょう。

設立する会社の方向性が決まったら、あとは簡単です。
依頼人の方でやることは、完成した書類の確認、資本金の振込、印鑑の準備など、代行サービスではやれない一部の手続きのみで、それ以外のことは基本的にサービス側でやってくれます。
ちなみに会社設立で必要な手続きとは、定款作り、公証役場での認証手続き、法務局での登記などです。

各役場での手続きのために用意すべき書類などもあり、ときにはこれにかなりの手間がかかりますが、代行を依頼すればすべてサービス側でやってくれます。
自分で手続きしたときに比べて、ずっと簡単です。
そして何かわからないことがあったり、不明点があったりしたら、サービス側へいつでも相談できます。
このようなサポートを受けつつ、手続きも代わりにやってもらえますから、非常に会社設立が簡単になります。

会社を作りたいとき、いざとなればこのような方法もあるわけです。
この代行サービスを使っても使わなくても、どちらでも構いません。
また、もし使うとしても、最初からこの方法を使う必要もないのです。

なるべく自分で手続きをやってみたければ、まずは自分でやれるところまでやってみるのもおすすめです。
それで最終的に全部の手続きが終わればよし、もし途中で詰まったり、自分でやるのは難しいと思ったら、そのときに初めて代行サービスを使っても構いません。
このような方法もいざとなればありますから、会社設立の手続き自体は、それほど難しいものではなくなっています。