個人事業主と会社設立、どちらを選ぶべき?

なにかビジネスを行うとき、個人事業主として行う方法と、会社設立する方法とがあります。
これはどちらを選ぶべきでしょうか?
会社設立も簡単になったと言われますから、それならどちらでもよさそうですが、個人事業主と会社設立とを比べると、個人事業主の方が簡単に始められます。
この点を踏まえて、どちらにするか判断するのもおすすめです。

個人事業主を始めたいときは、特別な手続きはほとんど必要ありません。
必要な手続きといえば、開業届を税務署に提出するくらいです。

仮にこれをやらなかったとしても、個人事業主としてのビジネスが絶対にできないわけではありません。
非常に簡単に始められます。

また、やめるときも簡単で、このときも税務署に廃業届を提出するだけで済みます。
始めるのもやめるのも簡単というのが、個人事業主の働き方です。

これに対して、会社設立はやや手間があります。
会社設立したいときは、定款という書類を作り、それを公証役場や法務局といった役場の窓口に提出しないといけません。
定款という書類や、その他の添付書類に不備があれば、やり直しにもなります。
そしてこのときに費用もかかります。

絶対に必要になる費用として、株式会社なら20~24万円、合同会社なら6~10万円が必要です。
始めるときにこのような必要な手続きや費用のほか、やめるときにも専用の手続きがあり、手間も費用もかかります。
個人事業主と会社設立とを比べると、始めるのもやめるのも簡単なのは個人事業となります。

そのため、お試しで何かビジネスをやってみたいとき、よく選ばれるのは個人事業の方です。
これでやってみて、手ごたえを感じたり、事業が軌道に乗ったりしたら、会社設立する方もよくおられます。
手軽に始められるのは個人事業の方ですが、事業の拡大や、拡大した事業の維持がしやすいのは、会社の方だからです。
本格的にその事業を続けられるか見通しが立っていないときは、まずは個人事業でやってみるのもおすすめです。

なるべくすぐに会社を作りたければ、会社設立を選んでももちろん問題はありません。
ただ、始めるのもやめるのも手間がかかることから、これを行う方は、ある程度の事業計画などを立てて挑戦する方が多いです。
そのために起業のサポートをやっている税理士などの専門家に相談に行く方もよくおられます。

これから始めるビジネスのために会社設立するときは、専門家にまずは相談してみるのもおすすめです。
このように個人事業主と会社設立とは、どちらを選んでも問題はありませんが、会社設立の方がやや手間や費用がかかることは確認の上、適切な方を選ぶといいでしょう。