格安での会社設立


日本もなかなか景気が上向かず、お金がない人も少なくありませんよね。
そんな中、会社に頼らず自力で稼ぐべく会社を作ろうと決意したときでも、その起業のために費用がかかってしまいます。
起業さえできればビジネスの構想がもうできている人にとっては、この起業費用が大変歯がゆいものとなるかもしれません。
少しでもこのハードルを下げるためには、「格安でできる会社設立」の方法を知りたいところでしょう。

そのような格安の方法として、多くの人におすすめなのが、格安の起業代行サービスの利用です。
これを使えば、限られた費用でサクッと会社設立が完了します。
しかし代行サービスを使うと費用がかかるのではと思う人も多いでしょう。
これはその通りで、それが「代行サービス」になる以上、費用は基本的に必要です。

それが格安の方法となるのは、代行サービスに頼むと、自分でやるよりも必要経費が「4万円」安くなるためです。
自分で手続きをやろうとすると、紙の文書で定款を作る場合が多くなりますが、このときは4万円分の収入印紙が必要になります。
これは絶対に必要な費用かというと、実はそうではないのです。

この収入印紙は電子定款を作ると不要になるため、収入印紙代4万円を節約したい人は、電子定款を選ぶことになります。
ただし、これは自力では作るのが難しいことがありますので、これを作りたいときにおすすめされるのが、代行サービスなのです。
格安のサービスを使えば、その代行手数料を含めても、それほど高額にはなりません。

たとえば費用が3万円のサービスを使えば、節約になる収入印紙代4万円と差し引きで、自分で紙の定款を作って手続きしたときに比べて、費用が1万円安くなります。
費用が5万円のサービスを使っても、自分で手続きしたときに比べて1万円プラスされるだけです。
それだけで細かいことはすべて代行サービスがやってくれますから、こまごまとした追加費用がかかることもありません。
トータルで見て「格安」で済むことの多い方法としておすすめです。

しかしもっと安く起業したいというなら、自分で電子定款を作り、その後の手続きもすべて自分でやることを考えるといいでしょう。
これなら収入印紙代の4万円を節約できる上に、追加の手数料なども必要ありませんから、20万2000円ほどの最低費用だけで会社設立ができることになります。
格安でできる会社設立の方法として、このような方法があります。
あまり費用に余裕がない人は、このようなテクニックも活用してぜひ起業にチャレンジしてみてください。