合同会社を設立

近年、会社設立する人の中には合同会社という会社形態を選択する人もいますが、合同会社と言われてもあまり聞きなれない人も多いのではないでしょうか?
一般的に会社設立と言えば株式会社を選択する人がほとんどですし、株式会社以外の会社形態について知らないという人もいます。

現在日本には株式会社のほかにも合同会社・合名会社・合資会社の4つの会社形態があって、それぞれ特徴があります。
しかし日本の企業はほとんどが株式会社ですし、そのほうがメリットが大きいと考えられています。

株式会社のメリットは株式を発行できるところと信頼性が高いところで、株式を発行することによってそれを買って貰い資金調達できますし、株式会社ということで信頼してもらいやすいです。
そんな中でも合同会社を選択する人がいるのはなぜかと言うと、株式会社にはない特徴があるからです。

まず合同会社が株式会社と決定的に違うのは合同会社は社員が全員出資者となり有限責任を持つところで、株式会社の場合は役員のみが有限責任を負いますから責任の分散が可能になります。
たとえば会社の業績が不振になって赤字が多くなってしまうと、負債を抱えた状態で倒産しますが、株式会社だと有限責任のある役員がこの責任を背負います。

しかし合同会社はすべての社員に有限責任がありますので、倒産しても責任を分散できますからひとりひとりのリスクを小さくすることができます。
また、会社運営のスタイルも株式会社とはまったく違って、株式会社は役員や株主が中心となって運営していきますが、合同会社には役員も株主もいませんのでずべての社員で運営していきます。

株式会社がリーダーを中心にして運営していくのに対し、合同会社はみんなで決めてみんなで動くスタイルなのです。
ほかにも会社設立にかかる費用面での違いもあって、株式会社の場合は定款の認証代が50,000円(紙の定款にする場合は印紙代40,000円もかかります)、登録免許税が150,000円かかります。
加えて定款謄本代が2冊で2,000円程度、登記事項証明書代1通600円、印鑑証明書代が1通450円となりますので、トータルで安くても200,000円ちょっとは必要になります。

一方合同会社の場合は定款の認証が必要ありませんので、紙の定款にするなら40,000円かかりますが電子定款なら無料です。
登録免許税も60,000円で各種手数料は株式会社と同じですから、トータルで安ければ60,000円程度となります。